be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mの物語

Mの物語 Mの物語
エマニュエル・ベアール (2004/12/21)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る


ストーリー
時計技師のジュリアンとミステリアスなマリーは公園で再開を果たす。決して素性を明かさないマリーの奇妙で気紛れな行動を不可解に思いながらも、2人は激しく肉体を重ねながら淫らな物語を語り合っていく。『身体』で『言葉』で狂おしくお互いを求めながら、すれ違い、傷つけあい、自らの愛に縛られていくのだった・・・。マリーの奇行に隠された秘密とは?(DVD解説より)

『美しき諍い女』のコンビ、ジャック・リヴェット監督とエマニュエル・ベアール主演の作品ということで得意の未見購入(^^ゞ
しかも殆ど情報なしの無謀な買い物です(笑)
観終わって150分もあったのね?と思ったのですが、BGMもなく、台詞も少なめで、フランス映画が苦手な人はこういう作風が駄目なのかな?と思えるような作風です(笑)
だから私は結構好きだったという意味なのですが・・・(^^ゞ
冒頭本当に美しい公園の風景からボーっと昼寝をしている時計技師のジュリアンが目覚め、通りすがりの綺麗な女性マリーに「覚えてる?」と声をかけます。
お互い時間がないので後日逢おうと約束をしてその場は別れます。
その後ジュリアンはマダムXと名乗る女性と逢い、ジュリアンの持っている書類等をネタに強請っている場面となります。
その翌日、約束の場所に現れないマリーだったのですが、いきなりジュリアンの家にやって来て翌日自分の滞在しているホテルで逢う約束をするのです。
そして2人は愛し合いうのですが、家に帰ったジュリアンは家捜しされて荒れ果てた室内を見て、マリーを疑いつつ彼女なしの生活は考えられなくなっているのです。
ミステリアスなマリーから離れられない気持ちは、あの気だるい声や肢体を見れば女の私でも気持ちはよく解りますw
そして強請っている相手のマダムXの存在と、マリーとの関係にどんどん引き込まれ、後半マリーのミステリアスな様子の意味が解り、その辺からはオカルト色まで出てきますw
純愛なラストまで色々楽しめますが、1番はやはりベアールでしょう。
エマニュエル・ベアールのベアールらしさ満載の作品で、それだけでも満足出来る作品でした。
もう一つの見所は、ジュリアンの飼っている猫ちゃん。この猫ちゃん、本当に可愛いです^^

監督:ジャック・リヴェット
出演:エマニュエル・ベアール/イエジー・ラジヴィオヴィッチ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。