be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エド・ウッド

エド・ウッド エド・ウッド
ジョニー・デップ (2006/01/25)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る


ストーリー
「史上最低の映画監督」といわれたエド・ウッドの若き日を、エドをこよなく愛するT・バートン監督が映画化した傑作。
映画監督を夢みるエドはある日、性転換を題材にした映画の企画があるのを知り監督の名乗りをあげるが、プロデューサーはとりあってくれない。その帰り道で偶然、往年のドラキュラ俳優ベラ・ルゴシと出会い意気投合。エドはシナリオを3日で書きあげ、彼を出演させることを条件に資金調達をし、性転換の話「グレンとグレンダ」を完成させる。監督デビューを果たした彼は、嘲笑や罵倒をものともせず、インチキ予言者らおかしな仲間たちと奇妙な作品を世に送り出していくのだった……。

エド・ウッドと言う映画監督は聞いたことがないんですが、この監督の映画を作る情熱の凄さはちょっと感動しました。
ここまで売れずに彼の死後「史上最低の映画監督」なんて言われる様になった映画というのも観てみたい気がします。
このものを作るということに打ちこんでいる男性っていうのはやっぱり素敵ですよね。
けど、それを支える人(彼女も含め)っていうのの苦労を感じたりはしないのでしょうかね?
ジョニー・デップはこの情熱的なエディーを魅力的に演じていました。(女装はイマイチ似合ってなかったけど・笑)
ルゴシ役のランドーはアカデミー賞の助演男優賞や数々の賞を受賞したそうですが、往年の大スターの悲哀を感じさせられました。誰も自分の映画を解ってくれない、映画製作の資金がないと珍しく自棄になってお酒を飲みに行ったバーで大好きなオーソン・ウェルズ(そっくりさんでしょ? あんまり似ててビックリしました)に逢い、彼に「夢を作りたいのなら頑張れ、他人の夢を作ってどうする?」と言われ、あれこれ口出しするスポンサーにそのまま食ってかかったり、本当に愛すべき人物であることは間違いないようです。

製作・監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ/マーティン・ランドー他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。