be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェル・ベイビー

エンジェル・ベイビー


ストーリー
精神分裂症のハリーは、病院で同じ患者のケイトと知り合い愛し合うようになります。同居していた兄夫婦が心配するのを説得し、彼らの協力を仰ぎ同棲しながら社会復帰を目指していたときにケイトの妊娠が明らかになり、二人は周囲の反対を押し切って出産を決意するのですが……


95年のオーストラリア・アカデミー賞で7部門を受賞した作品だそうです。
障害者を特別視して感動を呼ぶタイプの作品が実は苦手なのですが、この作品に関して言えば、ハリーは本人も回りも病気は自覚しているのですが、薬でコントロールしてごく普通に暮らしているのです。
ある日、通院していた病院に仲間としてケイトが入ってきて、ハリーは殆ど一目惚れし、その後愛し合うようになるのです。
ケイトは父親にレイプされて以来一人住まいをしていたので、身寄りらしい身寄りはなく、ハリーの兄夫婦の暖かい援助に助けられ同棲を始める事になったのです。
ハリーは元々大会社でコンピューター関係の仕事をしてた事もあり、新しい仕事も決まり、ケイトもマンションの住民の洗濯をするという仕事を得ます。
何とか軌道に乗り始めたときにケイトの妊娠が解るのですが、兄夫婦も主治医たちも猛反対。
遺伝のことや再発のことを考えたら簡単には協力できかねる状況だったのです。
意地になった2人は誰の協力も借りずに子供を産もうとするのですが、遺伝を心配したハリーは薬の服用をやめてしまい、それをケイトにも強要するのです。
やがて、再発した2人は病院に連れ戻されるのですが、比較的軽かったハリーは見舞いの隙にケイトを連れ出し、誰とも連絡を取らずに出産準備に入るのですが・・・・
ケイトはクイズ番組の回答を宗教のように信じているのですけど、その辺の違和感は無くはなかったのですが、基本的にこれも愛の話なのです。
ハリーがラストに兄に向けて言った言葉の意味を気付いてあげて欲しかったなぁと密かに思ったのでした。。。
なぜかベティブルーのベティを思い浮かべたりしてしまいました。。。

監督:マイケル・ライマー
出演:ジョン・リンチ/ジャクリーン・マッケンジー他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。