be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーファンズ

オーファンズ みなし子たちの夜 オーファンズ みなし子たちの夜
ゲイリー・ルイス (2003/10/22)
キングレコード

この商品の詳細を見る


ストーリー
母親が亡くなり、長男トーマス、次男マイケル、脳性麻痺の妹シーラ、末息子のジョンの4人は翌日の葬儀に向けて準備をしていた。
その夜、パブに繰り出した4人。トーマスが泣きながら母の好きだった歌を歌っていた事を笑った客とマイケルが喧嘩になりマイケルは腹を刺される。敵と打つとそのジョンは銃を捜し求め、車椅子のシーラはトーマスと喧嘩になり、教会から1人で家に帰ると出て行き立ち往生。
4人は無事に翌日の母の葬儀を行うことが出来るのか・・・

ピーター・ミュランが自らの体験を基に製作した初監督作品です。
これは隠れた名作に違いないとレンタルしてきた作品です(笑)
いくつになっても母親の存在は特別なものです。
幼い頃に雷鳴が怖くて母親に抱きついていた兄弟達。
その母親を亡くした今は成人した子供たち。
オーファンズーみなし子たちの夜ーというタイトルのように、母を亡くしたその子供(立派に成人していてもやはり子供)=みなし子のその1夜の話となっています。
母を亡くすということがどれほどの衝撃なのか、それぞれに壊れてしまう1夜。

ミュラン監督の体験を基にした作品ということですが、国民性の違いもあるのかもしれないけど、母親の亡くなった通夜に当たる夜に、そんなことが起こる?と俗物の私は感じてしまいました(^^ゞ

ただ、葬式って兄弟や親子、親戚などの間に必ずと言っていい程。揉め事ってあるんですよねぇ。
それを考えるとシニカルな笑いを誘うブラックコメディーという位置付けが出来るのかもしれません(^^ゞ

ミュラン監督がこの後に撮った作品が『マクダレンの祈り』なんですよね~。
監督のシビアな視線を意識しないわけにはいかないな・・・なんて感じてしまいました。

監督:ピーター・ミュラン
出演:ダグラス・ヘンシュオール/ゲイリー・ルイス他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。